無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
私がSMに惹かれる理由
2006年06月16日(金) 00:00
今日は子供が咳で具合が悪かったので、学校を休ませた。鼻のアレルギーがあるので、いつもの耳鼻科に連れて行った。

この病院は駅前にあるのだが、駐車場がない。いつもは前の道路に路上駐車していたのだが、法律が変わってしまい取締りが厳しくなったため有料の駐車場に止めてから病院まで歩いて行かなければならない。

いつも止めてる駐車場がいっぱいで止められず、ぐるぐる回って駐車場探し。しかし近隣に駐車場が見当たらない。かなりいらいらしてもう一度もと来た道に戻る。

大きな市民病院があった。ここの駐車場に止めることができた。一般の人もお金を払えば止められるようで、ここから歩いて10分くらいで目的の耳鼻科にたどり着くことが出来た。



Read more>>

ノーパン外出2回目
2006年06月15日(木) 00:00
実は昨日2回目のノーパン外出を行った。昨日はビデオを返す日だったので、ビデオ屋さんとその後自分が働いているスーパーへ向かった。

この前はロングスカートの下にノーパンといういでたちだったが、今回はもう一段階先の、ミニスカートにノーパンという格好にチャレンジしてみた。

私はデブで、足も太いので普段はほとんど足をかくすようなロングスカートばかり履いている。しかし、私は淫乱マゾ女として進歩しなくてはならない。(笑)。

新たなる刺激を求めて、いざビデオ屋へ・・・。




Read more>>

えむのオナニー日記
2006年06月14日(水) 00:00
今日は朝からばたばたしていて、まだ一度もオナニーしていない。寝る前に日課のおしりほぐほぐをしていた。そうするとなにやらもやもやとした気持ちになってきて、おしりいじりが止まらなくなってきた。

はあ・・・。ここ何日かおしりの穴に挿入していなかったなと思い立ちベビーオイルとローターを準備する。

ベビーオイルをけつ穴に塗り、ローターにもオイルをなじませる。そして挿入。はあ・・。力を抜いてするすると奥まで入っていくローター。







Read more>>

うらやましい話
2006年06月13日(火) 07:17
世の中にはマゾ亭主という類の人が存在するらしい。ブログを回っていていくつかそういう系統のものを読んだ。

奥さんの浮気公認。理由は自分のミニちんちんでは奥さんを満足されることができないからだそうだ。奥さんが浮気から帰ってきたら足を揉んであげたり今セックスをしてきたばかりのおまんこをレロレロしてきれいにしてあげるらしい。

そしてその浮気相手とのセックスの話を聞いて、それに比べてあんたのミニちんちんはちっとも気持ちよくないわねみたいな話になって蔑まれ興奮するというのだ。



Read more>>

オナニー三昧の休日
2006年06月12日(月) 18:24
今日は、おやすみなのでひさしぶりに洋服でも買いに行こうかと、近隣のショッピングセンターへ午前中から車で出かけていった。

今日のお目当ては短めのスカートを買うこと。ノーパンで外出するときのために少し短めのスカートを探しに来たのだ。

頭の中がいやらしい妄想でいっぱいのせいか、お店で選んでいる間中むらむらとしていて、なんだかおまんこがじとじとと湿っぽい。




Read more>>

友達の死
2006年06月12日(月) 04:12
昨日の朝いつものようにちゃりんこで出勤するときに、近所のおじさんに会った。

このおじさんは私がかわいがっていた野良猫のみーこに、えさをあげたりして面倒を見ていたおじさんだ。ここ2ヶ月くらい姿を見ることができなかったみーこ。

私はみーこの消息がずっと気になっていたのだ。このおじさんに聞けばきっと何かわかると思っていたのだけれど、今まで話しかける勇気がなかった。



Read more>>

えむのオナニー日記
2006年06月11日(日) 00:40
今日はなんだかいつもよりもおまんこがぬめぬめしている。そろそろ排卵日が近いのかもしれない・・・。

排卵日は一番性欲が高まる時期だ。特に先月からセックスお預け状態の私のおまんこはもうヤリたくてたまらない気持ちが限界まで達している。

だから今日もオナニーで自分を慰めることにした。今日のオナニーのおかずはひさしぶりに古典的なおかずにしよう・・・。

10年以上前に買ってぼろぼろになった愛用のエロ漫画週刊誌を押入れからひっぱりだす。そしてお気に入りのページを開く・・・。




Read more>>

寂しい夜
2006年06月10日(土) 15:53
      ーひとりの夜ー

寂しいな・・・。

結局私は一人ぼっち

一人の夜

誰もいない

抱きしめてくれる人はいない

どこかに私のことを必要としてくれる人がいるのだろうか

いつも誰かと話していたい

いつも誰かとつながっていたい

あなたにいつも私のことだけを考えていて欲しい


Read more>>

<<BACK   | HOME |   NEXT>>


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close