無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
さようなら
2006年06月23日(金) 06:36
大切なお友達を傷つけてしまいました。こんな私と仲良くしてくれた唯一のお友達だったのに・・・。

私が相手の気持ちになって考えることが出来ずに、自分勝手な行動をしたせいで友達の心を深く傷つけてしまいました。

涙がぽろぽろと出てきます。友達を傷つけたそのナイフが自分の心にも突き刺さっています。

取り返しがつかないことをしてしまいました・・・。私のことを親身になって考えてくれた貴重な存在の友達でした。結局自分のせいで私は大切な人を自分から失っていくのです・・・。




Read more>>

えむの妄想日記SM編
2006年06月22日(木) 19:40
私はマゾだ。変態マゾ奴隷。おしりの穴をいじられることに喜びを感じる雌豚。今日はマゾの私がS男さんにいじめられて、犯され、性欲処理の肉便器に堕ちていく妄想をしてみたい・・・。

まず初めに彼は私の首に首輪をつけた。鎖を握っているのは彼。これは私が彼のモノである証なのだ。犬・・・。なにも考えずに彼の足元に四つんばいになる。

「足を舐めろ」私は言われるままに彼の足を舐めた。無心にただぺろぺろと・・・。






Read more>>

えむの妄想日記
2006年06月21日(水) 16:40
今日はひさしぶりに彼に会える日。エレベーターの中でふたりきりになると彼は洋服の上から私のおっぱいを、わしづかみにした・・・。

「この感触覚えておけよ・・。」そういうと彼は私のあごをとり、唇を重ねてきた。ああん・・・。ひさしぶりのディープキス。とろけそうな気持ちのよさで立っていられなくなりそうになる。

部屋に入ると二人は抱き合ってベットになだれ込む。もう私のおまんこはべちょべちょに濡れている。洋服を脱ぎ彼が私のブラジャーをはずす。






Read more>>

そんなもんです
2006年06月20日(火) 17:50
昨日、上司に辞めることを話してきた。案外、あっさりとした対応をされたので、ちょっぴり寂しかった。帰るときに規定の退職届と有給休暇の申請書を渡された。

子供の夏休みが始まるまでの間働いて、あとは研修が始まるまで自宅で過ごすこととなる。昨日の今日なのでもう全員に広まっているのかなと思っていたが、そうでもなかった。

私がやめることを知ってる人はいたが、知らない人もいた。噂が広まってしまう前に自分から辞めることをいろいろな人に話した。






Read more>>

バイブげ〜〜っと
2006年06月19日(月) 17:19
昨日ついに私の長年の夢である、バイブをげっとした。はあはあはあ・・・。ついに・・・。電動こけし(古い)げ〜〜〜っと!!!

さっそく今日子供が友達と遊んでいるすきにバイブを試す・・・。どきどきどき・・・。パッケージからバイブを取り出す。そして備え付けの電池を入れる。

スイッチオン。ぐるぐるぐる・・・。おちんぽが回りだした!凄い!そしてまたこのおちんぽの質感がいい・・・。ゴム(?)でできているのだろうか?まるで肉棒のようなさわり心地だ・・・。

思わずフェラチオしたくなったが、ゴムの匂い(?)がきついので出来なかった。

画像でごらんのとおり、このバイブはおちんぽとクリトリスを刺激する触覚(笑)のようなものの2段仕様になっている・・・。





Read more>>

えむのオナニー日記
2006年06月18日(日) 01:00
今日はひさしぶりにアナルセックスのビデオを見た。女の人が二人の男に同時に責められるシチュエーションだ。

まず男のおちんぽを女がおいしそうになめなめする。そしてもう一人の男は女のパイパンおまんこを広げ、れろれろしたり指でクリトリスを刺激したりしている。

けつ穴にローションをたっぷりと塗られ、男の指が女のけつ穴を攻める。最初は1本。やがてけつ穴は2本の指を飲み込んでいった。






Read more>>

面接の結果
2006年06月17日(土) 16:19
5月末に面接を受けた会社から、もうそろそろ通知が来る頃だ。郵便配達のお兄さんの赤いオートバイが家の前に止まった。

封筒を持ってる。どきどきしながらお兄さんが立ち去るのを待ち、ポストを開ける。あった。待ちに待った合否の通知・・・。

封筒を持ち、部屋に一人で閉じこもりゆっくりと封を開ける。結果は・・・。







Read more>>

最悪の一日
2006年06月17日(土) 00:00
今日はろくなことがなかった。朝からぐずる娘。昨日耳鼻科で薬をもらって飲ませたのだが、まだ回復していないようだ。

熱を測る。熱はない。何とか娘に言い聞かせて学校へ送り出す。当日の朝に仕事をキャンセルすることは無理だ。特に今日は特別な作業があるので、絶対に休めなかった。

子供を学校に行かせて、職場に向かう。雨がたくさん降っている。傘を差しながらちゃりんこに乗って行く。途中、車が私に勢いよく水しぶきを掛けて走り去る。





Read more>>

<<BACK   | HOME |   NEXT>>


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close