無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
さくらさく
2006年03月26日(日) 07:05
桜が咲いたようだ。私は桜を見るのが好き。毎年見に行く場所がある。私が通っていた高校の前の道が桜並木になっている。

道の両端を覆うように見事な桜がまるでゲートみたいにつながってる。
昼と夜では同じ桜でもまったく風情が異なる。私は夜桜が好き。

夜、車を飛ばして一人その場所に向かう。桜並木の下に立って桜を見上げる。狂ったように満開に咲いてる桜を見て私の心もざわざわと高揚してくる。狂い咲きとはよく言ったものだ。本当に狂ってる感じ。桜が何かを一生懸命に語りかけてくるように感じる。

まずは徒歩で桜並木をゆっくりと歩く。ジャンプして枝を折りそっと顔に近づけてみる。桜の甘〜い香りが鼻腔をくすぐる。香りっていろんな記憶を呼び起こすと同時に、精神をリラックスしてくれる作用があるように思う。自分の手に取った桜の枝を見ながらいろいろなことを考える・・・。

近くの公園に立ち寄り一人ブランコをこぐ。ぶんぶんこぐ。そして目が回った・・・。気持ち悪い。もう帰ろう。

最後の仕上げに桜並木のゲートをゆっくりと車で通る。きれい。きれい。きれい。

今年はまだ見に行っていない。あの場所の桜は今頃何分咲きになったのだろうか・・・。
満開にはまだ早いのだろう。

飲酒
2006年03月26日(日) 06:48
私はめったにお酒を飲むことはない。でも飲めないわけではない。ビールは苦いから苦手だけど。初めてお酒飲んだのは会社の歓迎会の時だ。

訳もわからずお酌されるまま飲んでいたら、最後のしめのとき立ち上がろうとして腰がくだけて立ち上がれなかった・・・。自分の限界を知らずに飲むと恐ろしい。その後転職してから、会社関係のおもしろい男の人たちと知り合って何度かみんなで飲みにいったときに、少しずつお酒の飲み方を覚えた。ウーロンハイが一番飲みやすくて好き。

お酒を飲むと普段抑えている心の防御システムが聞かなくなる。そして本来の私の姿になる。いっぱいしゃべる。しゃべりまくる。そしてカラオケがもともと好きなので歌いまくる。みんなが拍手してくれると悦にひたってまたまた歌いまくる。最低だな。でもその場が楽しければそれでいい。とにかく酔いを発散させないと気持ち悪くなってしまい、一気に酔いが回ってきてしまうのでこのときとばかり騒ぎまくる。

しかし、子供が生まれてからは一切旦那に夜の外出を禁止されているので、こういうストレス発散ができない。たまにはみんなと飲んでぐだまいて歌歌いまくってエロエロな会話しまくって、はめをはずして遊びたい・・・。でもそれはかなわぬ夢だ。

家ではめったに飲まないのだが、(相手がいないと一人で飲んでもつまんないから)昨日はなぜか飲んでしまった。最近アルコールが体に入っていなかったから少量でも十分に酔っ払う。そして気が大きくなってあとで読み返したら恥ずかしくなるようなこと、ブログに書き込んだりしていた。酔いが冷めて冷静な目で見たら、ナニコレ状態。超恥ずかしい。だから消してしまった。

酔いが冷めた後の気分はなんとも言えない虚しい気分。祭りの後の寂しさみたいな・・・。だから一人で飲むのはいやなんだ・・・。

あ〜あ。誰か男の人と二人で飲みに行きたいなあ・・・。えっち付で・・・。
飲むと無性にヤリたくなるんだよね・・・。えへへへ・・・。

矢野顕子が好き
2006年03月25日(土) 16:42
矢野顕子の作る音楽が好きだ。矢野顕子の曲を初めて聞いたのは25年くらい前のヒット曲「春先小紅」だ。化粧品のCMソングだった。あの頃私は人生で一番絶頂のときだった。明るい中学生生活。友達もたくさんいて、勉強して自分の第一希望の高校に入学できたあの3月に、街中でかかってたこの曲。

今でもこの曲を聴くと気分が高揚してくる。矢野顕子の音楽は聴くものをわくわく少女のような気持ちにさせる不思議な力を持っている。

その後一転して暗〜い高校生活に突入するわけだが、坂本龍一のサウンドストリート(当時やってたラジオ番組)とかで矢野顕子の曲がよくかかってた。その頃買ったアルバムは「愛がなくちゃね。」。1986年だった。坂本さんのアレンジで矢野さんが独特の女の子の気持ちをよく表現していて、今でも大好きなアルバムだ。ちなみに今はCDとして買い換えて聞いているのだけれど・・・。

矢野顕子の曲で特に好きなのは「在広東少年」(たぶん矢野顕子の曲だったよね)、「ひとつだけ」とかかな・・・。

今は私生活では坂本龍一さんと離婚してしまわれたみたいだけど。そんなことはどうでもいいよね。所詮男女間の永遠の愛なんてありえないんだから・・・。

矢野顕子のピアノ弾き語りライブ「出前コンサート」に20年くらい前に行く機会があったのだけど、会社の社員旅行とぶつかってしまって行けなかった。あれ以来そういう機会がない。ていうか行こうと思えば調べて行けるんだろうけど。

たまには現実の生活から離れて好きなミュージシャンの音楽を聴くひとときを持ちたいものだ・・・。

穴の中
2006年03月25日(土) 07:26
私は耳かきが好きだ。耳がかゆいとき耳かきをつっこんで穴の中を探る。なんかかさかさ言ってる。これが私の耳をかゆくさせてるもとの耳くそか・・・。そっと掻き出す。何度目かの挑戦で耳くそを耳の穴から取り出すことに成功する。収穫を見る。それが思いのほか大きかったりするとなんだか釣りで大物でも釣り上げたような、なんとも言えない達成感につつまれる。

しかし他人の耳かきをするときには、きちんと対象物(みみくそ)を確認し、それに向かってピンセットなりいろいろ駆使して、釣り上げる。
これは一種の娯楽だ。母が生きていた頃はよく耳掃除をしてあげた。

今、私にこの娯楽をやらせてくれる人は娘だけだ。新婚の頃は旦那も私のひざまくらで喜んで耳かきをやらせていたのだが、いかんせん私が夢中で掻き出そうとするあまり、旦那の耳を出血させてしまうことも多々あった・・・。それから旦那は私に耳かきをさせてくれなくなってしまった。

そして自分の耳・・・。対象物を探りながらの耳かき。獲物をこの眼で確認することができたら、どんなにかやりやすいことだろう。自分の耳の穴を見ながら耳かきできる道具って、誰か発明してくれないかな・・・。

話は変わるけれど、20代前半だったころうんこをした際に出血したことがあり、大腸がんを疑って病院で検査してもらったことがあった。

若い女(当時の私)がおしりの部分に大きく穴の開いたでかパンツをはかせられる。

そして検査技師(男)が私をうつぶせにさせおしりの穴から、直腸に向けてくだを通し、その画像を見ながらチェックする。その際、気のせいかも知れないけどその男の人におま×こ見られたような気がする。

だって穴が大きく開いていたし、なんかパンツを指で広げて来てたし・・・。あの当時は若かったから検査技師さんもついつい私のおま×こを確認したくなったのかな?

直腸まで奥深くスコープが入ったところで検査技師が私に「これが○○さんの腸の中ですよ。見てください。きれいですよ。大丈夫でしょう」と、モニターを見るように促してきた。私はちらっと見たのだがグロすぎて気持ち悪くなってしまった。自分で自分の内臓の中をしかもリアルタイムで見るなんて、グロすぎます・・・。

でも40歳になった今だったら若いお兄ちゃん検査技師のもと、もう一度おしりの穴をさらして腸の画像を見るのも、一種のプレイとして楽しめそうな気がする・・・。

あとは自分のおま×この穴の中を見てみたいな。Gスポットはここですよとか、子宮の入り口はここですよとか。自分のおま×この中にはいっぱいビラビラがあるかも知りたいよ・・・。

ああ・・・。朝からエロエロモード炸裂になってしまったえむでした・・・。

眠い
2006年03月25日(土) 06:26
今日もいつもどおり朝の5時すぎに起きたのだが、眠い・・・。でもいまここで寝たら昨日からほったらかしにしてめちゃくちゃになってる部屋の掃除と、台所の流しにぐちゃぐちゃに山盛りにしてあるお弁当の容器などの汚れ物を、放置したまま仕事に出かけることになってしまう。いつやるのか?今やるしかない。もはや選択の余地などない。

眠気を我慢していると、今度はうんこをしたくなってきた。そして便意を我慢してパソコンに向かってるとなにやら楽しい気分になってきた。

私の心は分単位でコロコロと変わる。自分で自分がわからなくなる。だからいつも不安なのかな・・・。

もう我慢の限界・・・。そろそろうんこしてこよう。♪うんこ。うんこ。

疲れた。
2006年03月24日(金) 20:07
今日は朝からハードスケジュールだった。朝5時に起きて昨日そのままにしていた食器の洗い物をして、お部屋の片付け。それから子供が遠足に持っていくものの準備。お弁当づくり。用意ができたら車で学童まで送っていく。その後自宅に戻り仕事に行くしたく・・・。急いでちゃりんこでスーパーへ・・・。

今日は売り出しだったので超忙しかった。ずっとレジ打ちっぱなし。お客様がまったく途切れない。途中おしっこはしたくなるし、でも我慢したら膀胱炎になってしまうから行かせてもらった。30分の休憩をもらえたが、レジに戻るとまた連続で打ちっぱなし・・・。早く終われ、早く時間になってくれと祈る思いでレジを打つ・・・。

読み上げ登録をしなければならないので、段々声もかすれてくる。いつもは4時間で帰れるのに、今日は6時間・・・。しかも激込み・・・。

段々と意識がもうろうとしてくる。次第に何も考えられなくなって、私はただのレジ打ちマシーンと化す。そしてやっと時間が来た。交代の人が来てくれた。長かった。やっと開放される。なれないロングタイムの労働は疲れる。

その後、休む間もなく学童にお迎えに行って、その足で耳鼻科に連れて行く。終わり時間にぎりぎりに間に合った。良かった。そして帰り道に自分の勤めているスーパーで買い物。今日はルックチョコが激安だったからまとめ買いしたかったのに、案の定売り切れてた。がっかり・・・。

そしてやっとの思いで帰ってくると、いつもは残業のはずの旦那が帰宅していた・・・。ここでまたがみがみとなんくせつけてきたら、さすがの私もキレルぞ!といういらいらオーラを体中から発散させ、私のパソコンの前の椅子に座ってくつろいでいる旦那に向かって一言。

「そこは私の定位置なんだからどいてくれよ〜〜〜。」

今日私は頑張った。せめて今日くらいは、旦那に強気な発言をしても許されるはずだ。

旦那が臭い・・・。
2006年03月24日(金) 07:04
旦那が臭い。一言で言って臭い・・・。朝ごみを集めるときに旦那の寝室に入るのだが、なんて言ったらいいのだろう。息を止めてしまいたくなるような匂いが部屋中に充満している。

旦那は今年46歳。もういい年のおっさんだ。この世の中にはどうやら「加齢臭」というものがあるらしい。じじいやばばあになると特有のすえたような、枯れたような体臭を帯びて来るそうだ・・・。

私の個人的な考えでは、旦那の場合セックスをしていないので、精子がたまり過ぎて体中の毛穴からくっさ〜い匂いを発しているのではなかろうか?月に一度中出ししたあとの朝は匂いがしないような気がする。(笑)

これって単なる私の思い込みなのだろうか・・・。

人前で食事をすること
2006年03月24日(金) 06:54
今日は子供を学童に預けることが出来るので、その分いつもより多く働くことにした。お昼休憩挟んで6時間。たまには職場に協力しないとな。

それで食事のこと。私は人前で食事するのが恥ずかしい。食事って動物みたいに本能的な行為だし・・・。食事をしてるときは限りなく無防備になっているし。私はいやしいので食べ方もへたくそだ。ポロポロこぼすし、お口のまわりにはカスがついてしまう。まるで子供みたいな食べ方・・・。フォークとナイフの使い方もわからない。

そういえば学生の頃なぜか他人にお母さんの作ったお弁当を見られるのが恥ずかしくて、隠しながら食べてたことを思い出した。みんなのお弁当はサンドイッチとか鶏の唐揚げとかしゃれたものが入っていて、とてもうらやましかった記憶がある。そして現在、因果はめぐり娘は私の作ったお弁当をどうやら隠しながら食べているようだ。(苦笑)

人前で食事することって、人前でオナ×ーしたり、う×こしたりするのと同じくらい恥ずかしいような気がする。家族の前では平気。全部さらけだしてるから・・・。でもレストランとか行ったときたまに遠くに座っている人と目が合ってしまったりすると、ちょうどフォークで口に押し込もうとしてるときなんて、凄く恥ずかしくて思わず口を手で覆ってしまう。

そんなんだから職場の休憩時間にみんなと向かい合って、団欒しながらお食事するなんてしたくない。よって更衣室の隅で一人イスに座ってこそこそと食べることになる。休憩室って煙草のけむりも充満しているし。喘息気味の私にとっては入りたくない場所だ・・・。

今日はいつもより長いから疲れちゃいそうだな・・・。頑張ろう。頑張り過ぎない程度に・・・。

<<BACK   | HOME |   NEXT>>


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close