無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
  • 2021/09
  • 2021-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2021/11
事件に思ったこと
2008年06月12日(木) 11:47
連日ワイドショーで騒がれてるあの事件。犯人の携帯サイトへのたくさんの書き込みを報道してた。

犯人の生い立ちをみてみると中学時代までは優等生で、高校に進学してから落ちこぼれて初めて挫折を味わったという。

私も中学時代は優等生まではいかなかったけれど中の上くらいで友達もたくさんいた。高校に入ってから勉強についていけなくなり、友達もできず、挫折を味わいその挫折感を20代前半くらいまではひきずっていたように思う。

学校卒業して就職した当時はまったく他人に心を許さないような、かたくなな人間だった。 でも、就職先で知り合った親子ほど年の離れたおじさんが、やさしくしてくれて、話を聞いてくれたり、果てはセックスもしてくれた。私は体に傷があるので、生涯セックスなんてしてもらえないだろうと思っていたけれど、そこは男と女の違いで、まんこがついていて若ければ男の人からみたら十分需要があるみたいだった。

そのおじさんが言ってた。若い女の子はライオンの目の前にぶら下がってる肉みたいなものなんだって・・・。

おじさんがセックス目当てだったことはわかってた。奥さんが病気しててセックスができないとかいってたから・・・。でも私はおじさんによってだいぶ自信を取り戻すことができた。セックスさえしてもらえるかわからない。周りの人間が怖くて心を開けなかったりしたのだから・・・。

そして今回の犯人の書き込みをみていると、彼女がいたらこんなふうにならなかったとか、道ゆくカップルに対する殺意とか書き綴ってた。男の人の場合やはり女と違って黙ってても恋人ができてセックスできる環境にはならないんだと思い、とても切実な問題だなと感じた。セックス。やっぱり生まれてきたからにはセックスしたい。気持ちいいことしたい。裸で抱き合ったり、デートごっごしてちちくりあったりしたかったに違いない。

犯人の顔が大きく映し出されるたび、私の心にある劣等感が重なり合う。高校のときに最下位だった私の通知表に書かれた「お前は今回も最下位だ」の文字が忘れられなかった。20歳くらいまではずっとその教師と学校を恨んでいてできることなら校舎に火をつけてやりたいとまで思ったくらいだ・・・。

似てる。でも、私にはセックスをあたえてくれる人がいた。話をきいてくれる人がいた。まんこがついてるから誘えば男の人が寄ってきてくれた。生活のために旦那もまんこで落とすことができた。私と犯人の分岐点はただその一点のみだったのではないだろうか・・・。

その一方で偶然現場に居合わせて救助にあたり、被害者の死に目をみとったという医師の話も報道されていた。名門大学の女生徒。人気もので将来有望だった人。皮肉にも犯人とはまったく正反対の状況におかれていた人。その人が最後に言ったことが。「○○君・・○○君」って彼氏?の名前を呼んでいたらしい。

救急車。道路での事故。血だまり。目の前で意識が遠のいていく被害者。そこから連想されるものは、私の母の事故死の様子だった。

最近はこの手のニュースも目をそらさずにみれるようにはなっていたのだが、この医師の生々しい話がそれを思い出させた。

死にたくないのに、生きていたいのに、理不尽な理由で息絶えていかなくてはならない命。なんともいえない切なさと哀しさでテレビの前でつい涙を流してしまった。

犯人の気持ち。殺されていく被害者の無念さ。そして犯人の両親の会見も見た。しっかりとした口ぶりで話す父親の横で、母親が崩れ去り土下座する。これ以上の親に対する復讐はないだろうと思った。できのよかった小学生時代は親の期待を一心に背負っていたが、その後弟に親の愛がシフトしていったように感じた犯人は、親に見捨てられてしまったように感じ、そしてその親の愛情をもっていってしまった自分よりも出来がいいとされる弟に対しても、今回の事件をおこしてしまったことで、復讐したのではないかと思った。

自分の人生が希望が持てないものだから、周りの人間も全部ひっくるめて地獄に落としてやる。泣き崩れた母親がこれからどうやっていきていくのか想像すらできない。

本当になんともいえない事件でした。
一番悪いのは本人ですがやはり親にも大問題ですね。
学校名や成績で一生やっていけるほど甘くありません!!
生きる術を教えるべき!!
秘密のコメント
ブログ管理人への秘密コメントです
秘密のコメント
ブログ管理人への秘密コメントです
秘密のコメント
ブログ管理人への秘密コメントです
秘密のコメント
ブログ管理人への秘密コメントです
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close