無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
  • 2021/08
  • 2021-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2021/10
私の中の暗い闇
2006年02月19日(日) 15:33
私にはもうひとつ人に話していない秘密にしていることが、あります。
私の体にはケロイドがあります。左半身お腹から背中にかけて広がるやけどの跡のようなみにくいケロイド・・・。原因は小学5年生のときにかかった、帯状疱疹という病気です。これは痛みをともない、次第に水ぶくれが出来て、その後完治するというもの・・。なんで子供の私がその病気にかかったのかはわかりませんが、当時医療技術が発達していなかったせいか、または私の体質もあるのか、結局傷跡は残ってしまいました。今ではたぶん傷跡が残ることなどない病気なのでしょうが・・。

親からは、見えないところだから気にするな、お前が悪いわけではないのだから、堂々としていなさい、と教えられました。私もさほど気にすることはなかったのです。

でも、思春期になりただでさえ自意識過剰になっているときに、そのことはおこりました。高校一年生の健康診断のとき、町の年寄り医者が私の傷跡を見ていいました・・・。

「これは、ひどい」

私はその言葉にショックを受けました。両親には恥じることないと教わってきたことが、「自分はひどい傷跡を持った人間なんだ」と言われたように、強く感じ、そのこともあってかどうかはわからないのですが、
「自分は人とは違うだめな人間なんだ」「欠陥品なんだ」
「こんなことでは将来結婚もきっと出来ない」
「好きな人に自分の裸を見せることもできない」
などと思い込んでいました・・・。

あのときのあの老医師の暴言がいまでも許せません・・・。

感受性の強い時期、しかも女の子に向かって言う言葉では絶対にないはずです・・・。

は〜〜〜。人に言えないこと書くと本当に心がすっきりするな〜。

>myuuさん
いつも心温まるコメントいただきありがとうございます。私もわりと自分が傷つけられることばかりに気をとられ、他人に対して配慮が足りないところがあると思います・・。だから人から嫌われてしまうのかな・・。一歩引いて客観的に冷めた目で、見るような練習もしてみようと思います。
自分を卑下しすぎるのもやはり問題がありますね。対人関係においては・・。
どうもありがとうございました。私もゆっくりmyuuさんとお話がしたいです。
言葉の暴力ってやつね。
言った相手は悪気はなくても言われた方は凄く傷ついた。
あたしもありました。
キツイ言い方をされるっていうの。
軽い方なら最近娘の幼稚園の園長に言われたね。
娘が咳をしていて朝「病院へ行こう」と促したのだけど、娘は薬が嫌いなものだから「行かない」と。ま〜本当ならムリヤリにでも連れて行けば良かったのだけど。バスの先生によくよくお願いをして送り出しました。
案の定、お昼過ぎに電話があり、熱が9度ぐらいあると。急いで幼稚園まで向かえに行きました。熱の割には本人は至って元気そう。その時に言われた園長の言葉。
「具合が悪いなら登園させないで」
「幼稚園にはインフルエンザのはまだないのよ!!」(インフルエンザは菌ではなくウィルス
「今、インフルエンザでみんなヤラれたら先生がパニック起こす!」
これって、もしも他の子たちがインフルエンザにかかったらウチの娘のせいってこと?かなりムッとしたね。どこの親が子供にインフルエンザになって欲しい?
勿論、私は冷ややかに園長の言動を聞きながら謝ることはなかった。だって、謝る必要はないから。(カナリ強気^^;)
で、昨日幼稚園の作品展があり、担任の先生とお話したところ、その日は7人ぐらいのクラスメートがオヤスミしていたとのこと。中にはインフルエンザの子もいたそうな。とにかくあの時謝らなくて良かったと思った。謝っていたら自分が悪いと認めることになるし損した気分になっていたでしょう(苦笑)
えむたんのこの記事の件とは全然違う内容だけど、人なんてそんなモン。ちょっと言い過ぎかもしれないけど、誰も自分の意見に責任ある話なんてしてないよ。自分が傷つくのは恐れるけど、他人が傷つくことは気にしない。この園長にはお兄ちゃんたちの時代から随分と傷つけられていました。これで保育に携わるヒトなんだからね。考えてみて。どんなに愚かしいヒトなのか。
勿論、そういうヒトばかりではないですよ。今度えむたんにもっとイロイロな私の話をしたいです。だから、決して自分を卑下しないで。悲しくなるから。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close