無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
  • 2021/08
  • 2021-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2021/10
私がSMに惹かれる理由
2006年06月16日(金) 00:00
今日は子供が咳で具合が悪かったので、学校を休ませた。鼻のアレルギーがあるので、いつもの耳鼻科に連れて行った。

この病院は駅前にあるのだが、駐車場がない。いつもは前の道路に路上駐車していたのだが、法律が変わってしまい取締りが厳しくなったため有料の駐車場に止めてから病院まで歩いて行かなければならない。

いつも止めてる駐車場がいっぱいで止められず、ぐるぐる回って駐車場探し。しかし近隣に駐車場が見当たらない。かなりいらいらしてもう一度もと来た道に戻る。

大きな市民病院があった。ここの駐車場に止めることができた。一般の人もお金を払えば止められるようで、ここから歩いて10分くらいで目的の耳鼻科にたどり着くことが出来た。



お薬をもらってひと段落して家路に着き、パソコンを開く。偶然リンクで見つけたSMのサイトを見る。

そこにはアンケート型式で「M女がS男に求めること」というのがランキングされていた。

それを読むと大体私にあてはまった。一位が「快楽中毒にして欲しい」。その他には「気を失うまで何回もイカされ続けたい」とか、「変態の自分を受止めて欲しい」、「自分が望んだのではなく命令にしたがったという言い訳が欲しい」、「意地悪で冷たくてエロい目つき」など・・・。

すべて私にあてはまる。私の願望はS男さんの手で、粘土のようにぐちゃぐちゃに壊されたい・・・・だ。

自分の意思とは無関係に、禁断の快楽を与えられて、ひざまずきすべてを委ね、羞恥のことばを浴びせられ自我がなくなるほど、めちゃくちゃに壊されたい。

普段、くだらない自我に縛られて生活している私。だからそんな私を開放してくれる場を求めているのかもしれない。

私にとってその場所とは自分がM女であることを自覚することなのだろうか。

SMの世界というのはなかなか奥が深いものなのだなと感じた。

>ぱぱさん
こんばんは
本当にお互いの信頼の元で、いろいろなプレイを探求していくって楽しそうですね。SMの世界をもっと深く知りたいです・・・。
コメントどうもありがとうございます
正直な気持ちだね。
愛する人にむちゃくちゃにされたい。
愛する人の手でかいらくによいしれたい。
そういう想いって実はすごく当たり前の気持ち。
それをみんな押し殺して生きてる。
でも・・・
でもそれを開放できる場所がある人は素敵。
SMに限らず愛がなければダメ。
でも、愛するが故に虐めたくなる気持ちってあるんだよ。
愛される人だからこそ虐められたい気持ちと一緒。
だから2人の間だけで通じる
変態プレイや、淫乱な言葉責めは
刺激的。
パパの求めるM女は
そういう人。
中に少数いる
ただ虐められ痛めつけられたいマゾヒストと、
痛がり悲鳴を上げるのを見て喜ぶサディストには
興味ない・・・・。
パパの望み通りの素敵なM女に成長してね。
>ななみさん
こんにちは
子供も大きくなってきて最近はずっと病院には行ってなかったのですが、駐車場がなかったりすると本当に大変です・・・。SMは、私も実際に体験したわけではなく、あくまで想像ですので、その場になってみないと分からないかもしれません。女性は基本的に受身だからだれしもMの要素があるのかもしれませんね。
コメントどうもありがとうございます
>まさひろさん
こんにちは
私も「調教」とか「ご主人様」とかそういう言葉はどうしても受け入れられないところがあります。愛があればその人のなすがままにされたいと思うのは、SMというのとはまた違うのかな・・・。あと、痛いのは苦手です・・・。立場の違いがあってもお互いを尊重する気持ちがないと嫌ですね。
コメントどうもありがとうございます
自我崩壊
正直、調教という言葉には嫌悪感を覚えます。好きじゃないな
病院お疲れ様でした
大人でも結構疲れるのに子供連れだともっと疲れることでしょう
お大事ね
SMってあまり興味ないですね・・・
以前に私はMの素質があると超S男に言われました
正直あまり乱暴な言葉で攻められるのはだめみたいです
でも・・・身体は少し反応してたように思います
やっぱり軽くMが入ってるのでしょうか??
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close