無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
  • 2021/08
  • 2021-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2021/10
このけつ穴はあなたのために
2006年07月12日(水) 18:33
先日、恥をしのんで近所の薬局にコンドームを買いに行ってきた。このコンドームは避妊用のために買ったのではない・・・。

バイブをけつ穴に挿れる日のための準備だ。けつ穴をいじっているうちに穴がぱっくりと口を空けてきた。

まるで何かを挿れて欲しがっているかのように・・・。私はコンドームを取り出す。表裏とか書いてあるけど適当にバイブにかぶせる・・・。

どきどきする・・・。ついに私のけつ穴にバイブが埋め込まれる瞬間がやってきたのだ・・・。





けつ穴にベビーローションを塗りつける。そしてバイブのすべりをよくするためにコンドームにもローションを塗りつける。

準備は完了した。思えば今日まで長かった・・・。最初は指一本すら入ることができなかった、硬く閉じた私のけつ穴を、少しずつ毎日地道にほぐし続けてきたのだ。

今までの成果が試されるときがやってきた・・・。おそるおそるバイブの先っぽをけつ穴に突きつける。深呼吸して体の力を抜いて、バイブをゆっくりとけつ穴に挿入する。

ローションのせいかバイブが少しずつゆっくりとけつ穴に埋め込まれていく・・・。ああ・・・。いい・・・。気持ちいい・・・。体中が熱い・・・。

おまんこのように根本までは挿れられなかったけれど、先っぽのほうだけでも私のけつ穴はバイブを迎え入れることができた・・。

はああ・・・。夢中で出し入れしているとおまんこから喜びの汁が次から次へとあふれ出てきているのがわかる・・・。

はああ・・・。手を休めてけつ穴にバイブをくわえ込んだ状態で横になり、クリトリスを人指し指でくりくりと刺激する。気持ちいい波が押し寄せるたびにけつ穴がきゅっとしまって、バイブを締め付ける。

あああ・・・。とうとう私はにせおちんぽをけつ穴にくわえこむまでになりました・・・。イク・・・。いい・・・。あああ・・。イッちゃう〜。いつもとは違うなんとも言えない絶頂感を深く味わうことができた・・・。

これであとはあなたの生おちんぽを私のけつ穴に埋め込んでもらい、あなたの精液をけつ穴の中にぶちまけてもらうだけです・・・。


秘密のコメント
ブログ管理人への秘密コメントです
>ROUNDABOUTさん
こんばんは
あははっ。おもしろいです〜。[絵文字:v-238]ROUNDABOUTさんはいつだって、私を楽しませてくれる良い人です・・・。おかげで鬱な気分がふっとびました〜。ありがとうございます・・。
コメントどうもありがとうございます
>まさひろさん
こんばんは
果たして私のけつ穴の処女は破られるときがくるのでしょうか・・・。その時は是非中出ししてくださいね。
コメントどうもありがとうございます
>ぱぱさん
こんばんは
やっとバイブを先っちょだけ挿れることができました。バイブを奥まで入れて出し入れしてイクことができたら・・・。ぱぱさんのおちんぽはいつでも準備OKなのですね・・。(笑)
コメントどうもありがとうございます
秘密のコメント
ブログ管理人への秘密コメントです
やっとバイブを入れましたね。
しかしまだ根本までは・・・・
それではパパのを受け入れることはできません。
引き続き拡張しながら
アナルバイブだけで行くことを試みましょう。
パパのはもう十分に
挿入準備が完了していますから。
ぶちまけたい
貴女のけつ穴奥深くドロドロの精液をぶちまけたい!
あなた=ROUNDABOUTと理解しました。
いやいや照れる事はございません。
違う?
いやいや。理解しました。
あなた=ROUNDABOUTと理解しました。
やっぱり違う?
いやいや。理解しました。
(注:私は馬鹿でもストーカーでもありません。多分)
>ロビンソンさん
こんばんは
現実的な意見ありがとうございます。やはりけつ穴は場所が場所だけに衛生上よくないですよね・・・。(苦笑)。
コメントどうもありがとうございます
アナル中だし確かに男の夢だが だが 尿道炎には注意されたし
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close