無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
だらだらと過ごす休日
2006年05月08日(月) 19:40
今日はお仕事がお休みだったので、家から一歩も外に出なかった。燃えないゴミもなかったのでゴミ出しすらしていない。そして朝からネット三昧だ。

パソコンに出逢うまでは、一人で気晴らしに朝からゲーセンに行ったり、近くのショッピングセンターまで車で出かけて、子供が帰ってくるまでの間、ぶらぶらと見て歩いて休日を過ごしていた。 でも今はパソコンの前から離れられない。どんどん新しく更新されていく情報。いろいろなブログを読み歩く。人それぞれの価値観に接して見ていて決してあきることがない。

お昼ごろ眠くなったので、お昼ねする。私は寝ることも大好きだ。だれにもじゃまされずに惰眠をむさぼることが最高の贅沢に思える。しかしやらなければいけないことは山ほどある。 結露で黒ずんでしまったカーテンの洗濯。部屋の掃除。たまった新聞の整理。旦那に命じられた自治会の書類のはんこ押し。でもすべてが後回し。旦那が帰ってくるまでの時間にやればいいことだ。

そして今午後7時30分になろうとしている。一日経つのって本当に早い。仕事しているときの5分間は地獄のように長く感じると言うのに・・・。 旦那に命じられたことも掃除も何にもやってない。今日やったことと言えば、子供にご飯を作ってあげたことぐらいだ。休日はつい楽しいことを優先させてしまう。だからくそ旦那の機嫌が悪くなる一方なのだ・・・。

Read more>>

アナルセックスへの道
2006年05月08日(月) 01:41
以前にもここに書いたことがある、職場の同僚でエッチ好き激ぽちゃの、34歳子持ち独身女性との会話だ。彼女は私が職場で唯一エロ話で盛り上がれる相手だ。その彼女のセックス体験談を聞き出すことに成功した。

「ねえ、おしりの穴って気持ちいいらしいじゃん?」と私。すかさず彼女は「ああ、いいよ〜〜。凄く気持ちいいよ〜」とノリノリの返答。「えっ?まさか○○ちゃん、アナルセックスしたことあるの??」興味津々で聞く私。「挿れたことあるよ。」げげっ?マジ!?こんなに身近にアナルセックスの体験者がいたなんて。アナルセックスってそんなにメジャーなジャンルだったのだろうか?

「それでそれで、どんな感じ?痛くなかった?もちろんコンドームとかつけて挿入するんでしょ?」せっかく得られた楽しい会話のチャンスを逃すものかとすかさず質問攻めにする私。「痛いのは最初だけ・・・。後は凄く気持ちいいよ〜〜。私コンドームはつけたことないの。いつだって生だよ。」だって。凄い。

「でも、後ろの穴に挿れたおち×ぽは、もうおま×こには挿れられないよね?」と聞くと「えっ。挿れちゃったよ。その後フェラチオもしたよ。」とまるで当然のことのようにあっけらかんと答える彼女。凄すぎる。

でもそれって、衛生上よくないような気がする。後ろの穴に生で挿れたおち×ぽをそのままおま×この穴に挿れるのはちょっと・・・。さらに聞けばおしりの穴に挿れる前に十分ほぐしたりとかもしていないらしい。 いきなり挿れて、ちょっとだけ痛くて後は感じまくりの彼女って特別なケースなのでしょうか?機会があったらまた彼女からエロ話聞きだそうと思っています・・・。

Read more>>

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close