無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
自分らしくあるために
2006年04月30日(日) 20:09
寂しい。訳もなく寂しい。自分のやりたいことって何なんだろう。結婚する前の私は一人ぼっちだったけど自由に自分らしく毎日過ごしていたような気がする。

会社の帰りにふらふらとウィンドウショッピングしたり、一人でレストランに入って好きなもの食べたり、本屋さんで立ち読みしたり・・・。あの頃の自分は決して幸せだったとは言えないけれど、自分の好きなように行動して自分の好きなように生きていた。

結婚して表面上は孤独ではなくなったのだけれど、この満たされない気持ちは何なんだろう。毎日同じことの繰り返し。自分の人生について考えることもなくただせわしなく過ぎていく日常。朝起きてしたくして出かけて帰ってきてご飯食べて寝るだけ・・・。

これが私の求めていた生活なのだろうか。ひとりになりたい。ひとりきりになって自分を見直す時間と心のゆとりが欲しい。

自分が誰なのかも、どんな本が好きでどんな音楽が好きで、どんなビデオが好きなのか、だれのコンサートに行きたいのかもいつのまにかすっかり忘れてしまった。

一日のうち5分だけでもいい。自分が自分である時間が欲しい。誰にもじゃまされない私だけの時間が欲しい。私が私らしくいられる瞬間を取り戻したい・・・。

主婦と母親の仮面に埋もれて生きるのはもういやだ。


月に一度の短いセックス
2006年04月30日(日) 07:19
もうすぐ生理が来る。だから今は月に一度の絶好の中出しセックスのチャンスだ。

普段性欲をもてあましてオナニーにふけっている私は、大嫌いな旦那に誘い水をかけてみた。「ねえ、生理始まっちゃうよ。やっちゃう?」って。旦那の答えは「いやだ。やりたくない。疲れてるあっちいけ。」だった。

別に旦那のことなんか愛していないから「あっ、そう」って感じで軽く引き下がる私。でも内心なんだか気分が悪い。女のほうから誘ってるのに断るなんて・・・。やっぱり私って旦那に触るのも嫌なほど嫌われてるのかななんて考えていた。

そしてその日の夜。子供が寝静まって私がパソコンで遊んでいると、となりの部屋の旦那が珍しく話しかけてきた。「なめたきゃなめろよ。挿れてやるよ。」って・・・。なんかみじめだったけどこのときとばかりほいほい誘いに乗ってしまう私。プライドも何もない。ただ生おちんぽを挿れたいだけ・・・。

旦那の寝室にそそくさと出向いて旦那のおちんぽを取り出す。まだ半立ち状態のおちんぽを心を込めて丁寧になめあげる。見る見るうちにお口に入りきれなくなるくらい大きく硬くなっていく旦那のおちんぽ。旦那のことは大嫌いだけどおちんぽは別だな・・・。とにかくおちんぽだけは挿れたい。

そして私が上に乗って挿入。やっぱり生は気持ちいい・・・。奥まですっぽりと飲み込んだところで激しく腰を動かす。ひさしぶりなので、はりきって腰を動かす私・・・。気持ちいい・・・。最高・・・。そんなことしてると旦那がもう我慢できなくなって「もう出ちゃう」とか例のごとく言ってる・・・。

じゃあ正常位で・・・。って言って今度は旦那が上になる。ひさしぶりだからどんな体位も気持ちいい。いつもは私がねだらないとやってくれないのに旦那は「バックやってあげようか。」だって。私「うん。早く・・・。」って早速わんわんスタイルになって旦那のおちんぽをおま×こに導く。

バックで子宮の入り口のほうまで深く挿入される。ああ〜〜。いい・・。すごく気持ちいい〜〜。もっと〜〜〜。と思ってると「もうイクよ。」と旦那。「早いよ・・・。」でも我慢。激しく旦那が腰を動かす。私のおま×こも旦那をきゅうきゅう締め付けて喜んでる。旦那がイクと同時に私のおま×こもきゅっ〜と痙攣して、同時にイクことができた・・・。

でも本当はもっともっと突っ込まれたい。時間にして5分も経っていないんじゃないかな・・・。月に一度のセックスが挿入だけの5分間だけなんて・・・。

やっぱり寂しいです。今朝も旦那のおちんぽはめようと思ったら、生理が来てしまいました。突っ込まれるとなぜか次の日には生理がくる私のおま×こ。刺激に反応しているのかな・・・。

濃い〜いセックスがしたいです・・・。はあ・・・。

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close