無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
自意識過剰
2006年04月26日(水) 20:58
私は思春期の頃から自意識過剰だった。他人から自分がどう思われているのかが気になって仕方がなかった。人よりもいつも自分がよく思われたかった。

子供の頃は父が私に甘かったせいか、いつでも誉めてくれた。学校でテストの点数が良かったときも、そろばんで一番になったときも大げさに誉めてくれた。

だから私は人よりも優秀な人間なのではないかという意識をいつのまにか刷り込まれていた。その後高校に入学して勉強について行けず、友人もできなかった私は生まれて初めての挫折を味わうことになるのだが、このときのヘンな自意識のせいで、こてんぱんに打ちのめされた。

私って勉強もできて明るくてみんなに好かれる人だったはずなのに、これは何?この今の状況は何?自分で自分を認めることができずに打ちのめされた自意識を支えることができなかった。

青年期によくある挫折なのかもしれない。しかし私はこの挫折感をいつまでもひきずってしまうことになる。壊れた自我を守るために私は自分の心を閉ざした。意識を自分だけに向けて自分を理解してくれる人は自分だけなんだと思うことで何とか生きてきた。

自分に自信がなくなった。そしていつも人に対して必要以上に卑屈な態度をとることによって自分がこれ以上傷つけられることを防いでいた。だから、思ったことも言えずにいつも人の顔色を伺うような暗い性格になってしまった。

あれから歳を重ねてやっと最近はあまり自分を卑下しないで、他人と接することができるようになってきた。そして、今思うことは自分を卑下しすぎることは、他人よりも自分が優位に立ちたいと思ってていることと同じなのではないのかということに気づいてきた。

過剰な自意識は他人から見て醜いものなのかもしれない。裸の王様みたいに見えない洋服を着てきどっているけれど、他人から見ればバカみたいに思えるのかもしれない。

自分に自信を持てるにはまだまだだけど、少しずつありのままの自分を認め、さらけ出していけたらと思っている。

もう見えない洋服は脱ぎ捨てよう。

恋のかけひき
2006年04月26日(水) 07:13
私は臆病なのですぐには人に心を開けなかったりするのだが、ひとたび自分をさらけ出して受け入れられたりすると、全面的にその人に心を開く。普段抑えている分をその人との関係で満たそうとしてしまう。

だから仲良くなった男の人には私が負担になるみたい。例えば向こうから私に好感を持ってくれて近づいてきたとしても、私がその相手に振り向いて100パーセントよりかかると、相手の態度が微妙に変わってくる。

男の人って自分に振り向かせることだけを楽しんでいるのだろうか?私としてはこれからもっともっと仲良くなりたいと思って、夢中になるし、気持ちを抑えずにどんどん伝える。そうすると相手は引くみたいだ。

いくらお互いが好き合っていても、女の人がいつでも自分だけを見てくれると思うと、もうそれだけで目的が達せられたみたいになってしまい負担に感じ、ひいてはうざったく思うものなのだろうか?

男の人の気持ちってよくわからない。大好きな男の人と恋のかけひきをして、いじわるしたりじらしたりして相手の気持ちを自分にひきつけておくなんて器用なことは、私にはできないし、したくない。

こんな私って男の人から見たらつまらない女なのかな・・・。

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close