無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
職場のいじめ
2006年04月21日(金) 18:06
私の職場のスーパーのレジ部門にはいろいろなおばさんがいる。私が半年間に渡って無視され続けたばばあもまだのさばっている。

ところが最近このばばあの態度が急に軟化してきた。私に対していままでの態度をひるがえしてきた。原因はわかってる。新しいいじめの標的がみつかったから・・・。今朝ロッカー室でそのばばあが他の人にいじめの標的にしている人の悪口を朝からふきこんでいた。

どうしてこのばばあは、人をいじめるのだろう。しかも昔の小学生の女の子みたいに集団から一人「のけもの」にして、とことんいじめる。でもこのばばあの無視がなくなったおかげで私は職場での憂鬱な問題からのがれられることになった。

だれかいじめられている人がいるうちは、なぜか安心していられる。自分がいじめの標的からはずれたことで、正直ほっとしている私。

でもこんなのまちがってる。みんなメールでつながっていて、一言でも愚痴をもらそうものなら次の日には悪口言ってたみたいに誇張されて、全員に伝わっている人間関係だ。今まではメールで愚痴ったりする人がいたんだけれど、もう誰ともかかわりたくないからいっさいメールするのをやめてしまった。

人の悪口も絶対に禁句だ。時間が来たら無駄話せずにさっさと帰宅することにしている。女同士の職場って本当にいやだ。男の人はきっとこういうことで悩むことなんてないんだろうな・・・。

くそ旦那がむかつく
2006年04月21日(金) 03:45
昨日ブログにアクセスできなかったことで、もう完全に削除されてしまったと思い込んでいた私はもんもんとした気持ちを少しでも、まぎらわせたい一心で旦那にこの件を話した。

「は〜〜。なんかえっちなことばかり書いてたからブログ消されちゃったよ〜〜。私の楽しみがなくなっちゃった・・・。でもこれでよかったのかな・・・。」などと自虐的な言葉を旦那に漏らした。

それを聞いた旦那は嬉しそうに言った。「もうお前死んだほうがいいんじゃない?」旦那の「死ね。バカ。出て行け」発言はいつものことだから気にならないけどこのときは少し傷ついた。

友達もいなく趣味もなく外出にお金をかけるわけでもない私が、弱音を吐いたりするとこのときとばかりに汚い言葉で口撃してくる旦那。

心底きらい。むかつく。その後無事に復旧したことは言わなかった。旦那はとにかく私がパソコンに夢中になって楽しげにしているのが気に食わないらしい。

「私の唯一の楽しみなんだから理解しろよ!!」と心の中で思う私なのでした。

家計簿でレシート精算するときに100円単位でも見逃さずつっこんでくる旦那が心底きらい。そんなに金貯めてど〜〜するんだよ?!家買う気もないくせにさ・・・。あ〜〜もううざいうざいうざい!!

ケチな旦那大っきらい!!あんたと一緒に暮らしてくれる女の人なんて世界中探しても私くらいだよって声を大にして言いたいよ。

今日の保護者会でも先生は言ってた。子供が「死ね」という言葉を口にしたときは容赦なくしかると・・・。家ではその言葉が日常茶飯事に飛び交ってる・・・。ああ・・・。

この先まだまだ続くであろうくそ旦那との生活。
愚痴を吐く場所がないとやってられない・・・。息がつまりそうだ・・・。


 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close