無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
水谷先生に逢ってきた
2006年03月22日(水) 22:19
もう諦めてた水谷先生の講演会。今朝旦那が「今日は残業しないからえす(娘の名)見ててやるから行ってこいよ。」と思いもかけない言葉をかけてきた。

旦那もいいとこあんじゃん。ツンデレかよ・・・。と少しは見直した。
旦那が帰ってくるのを待って雨の中ちゃりんこで最寄の駅まで向かう。

今日は子供を耳鼻科に連れて行ったりと忙しかったため、晩御飯も食べずに必死にちゃりんこをこぐ。電車を乗り継いで目的地の駅に到着。夜回り先生のちらし(?)を手に恥も捨て、駅前のコンビニとかで会場を聞きまくりようやく到着。もうすでにお話は始まっていた。

遠くからしか見えなかったけどまちがいなく夜回り先生だ。少し早口で休むことなくしゃべり続ける。途中、何度か咳き込んだりはしていたけれど・・・。

講演の内容はほとんどテレビのドキュメンタリー番組や、著書に書いてあるような内容だった。でもテレビでは言ってない事も言っていた。キャスターの筑紫哲也さんはいい人だけど、久米宏はおきらいなのだそうだ。

これは初耳だった。約2時間の講演が終わり、拍手で水谷先生をお見送りする。私はこの拍手を送るためにこの場所まで来たんだなと思った。先生に届くように何度も何度も心をこめて拍手をした。

今日、私は夜回り先生と同じ空間を過ごした。先生はマスコミでもてはやされているのに、まったくいやらしさがなかった。普通の人という感じ。謙虚なお人柄がしのばれる人格者なのだと感じた。

帰ってきた私はなんだか自分が自分でないような、不思議な感覚につつまれていた・・・。電車に乗ったのもひさしぶりだし、夜に一人で外出したのも何年ぶりだろう。ふと独身時代誰も友達もいなくて孤独だったころを思い出した。あのときもこうやってぼんやりと電車の窓ガラスに映る自分の暗い顔を眺めていったっけ・・・。

今、私は帰るべき家がある。そしてそこには旦那と子供が待っている。ありふれた日常なのだけれど、もしかしてあの頃私が手に入れたいと思っていたものが、手に入ったのかななどと少し新鮮な気持ちになった、雨の寒い夜だった・・・。


そして何もなくなった
2006年03月22日(水) 15:18
今日、ひさしぶりに更地となった私の実家があった場所の前を通った。
土地が売れたみたいだっていう話は兄から聞いていた。一本離れた大通りを車で通ったのだが、ちらっと見てしまい家の骨組みが立っているのを発見してしまった・・・。

知ってはいたけど目の当たりにすると辛い・・・。なんとも言えない気持ちになった・・・。あの事故さえなかったら父と母はきっとまだ平和にあの家で暮らしていただろうに・・・。両親が汗水垂らしてやっとの思いで立てたマイホーム・・・。もうあとかたもなくなってしまった。

ごめんなさい・・・。お母さん。でもしょうがないよね。受け継ぐ人がいないのだから・・・。許してください。

前を向いて生きよう・・・。

激うま
2006年03月22日(水) 06:49
昨日旦那が実家からもらってきたかりんとうを食べた。どうせまずいんだろうと思いながらも封をあけて食べて見た。

ナニコレ!激うま!!すごくおいしい!!昔子供のころに食べた記憶のあるかりんとうと同じ味だ!懐かしい・・・。

「大釜で3度揚げて、生地をサックリ仕上げ、沖縄黒糖を使用した黒蜜をたっぷり掛けてまろやかに仕上げました」

だそうだ。袋に書いてあった・・・。極太の黒いかりんとうをまるでちん×のようにお口にくわえ込み、無心でむしゃむしゃとほうばる私。鏡で見たらかなりのまぬけづらだろう・・・。フェラ×オじゃあないんだから。(笑)でも本当においしい・・・。口の中でとろける。そして味がまんべんなく広がる・・・。止まらない。どんどん食べる。食べまくる。でもどうしよう。これ一袋587カロリーって書いてあるよ・・・。

これだから私はどんどん太る一方なのだ・・・。自分に限りなく甘い私。そして甘いものが大好きな私。

こんな私にダイエットなんて苦行できるはずはない。この前テレビチャンピオンに出てた、ちょっとかっこいいけど凄く厳しいインストラクターの先生が、私に専属でついてくれたらもしかしたら痩せられるかも知れない。

私ってM女だし、こっそり甘いもの食べて先生に見つかって、激しく罵倒されてみたいなんてバカな妄想をしてしまう私なのでした・・・。

行けるのか?
2006年03月22日(水) 06:20
今日は楽しみにしていた夜回り先生の講演が近隣の町で行われる日だ。
夜は旦那が残業なので、子供連れで行くしかない。でも昨日子供が体調を崩したことを理由にくそ旦那に反対された。

「子供と講演とどっちが大事なんだ。行くなよ!」

そりゃあ私だって子供がすごく具合悪いのに、夜に連れて歩くなんてことはしませんよ。だけど熱も(たぶん)ないようだし薬も貰ったし状況いかんによっては別に行ったっていいじゃん。だったら残業しないで帰ってこいよ!それで子供の面倒見てくれよ!そんなようなことをものすごく気を使いながら言って見た。

「ふざけんな!仕事忙しいのに早く帰ってこれるか。行くなよ!」が答えだった・・・。

私って子供が生まれてからほとんど夜の外出許されてない。年に一度のパートさん同士の職場の忘年会だって「子供がいるのに外に遊びにいくなんて」という理由から出してもらったことはほとんどない。

友達もいない私は友達を理由に外出することもないし・・・。結局かごの鳥。いや、おりの中の豚か・・・。うわ凄い自虐的・・・。

めったに外出したいなんて申し出ることのない私が、唯一行ってみたかった講演会だったのに・・・。水谷先生のお話お聞きしたかったのに・・・。私の希望なんて叶えられることはない。この旦那と暮らしている限りは・・・。

あ〜あ。いろんなこと諦めてどんどん無気力になってゆく・・・。

私の人生って何なんだろう。

早寝早起き
2006年03月22日(水) 06:02
最近の私は早寝早起きだ。それというのも娘がいつも学校に行くのにぎりぎりまで寝ているため、朝食もろくに食べずに毎日学校に行っていたから、それを見た旦那が、もっと早く寝かせて早く起こす習慣をつけたほうがいいと言ったから。この4月で3年生になる娘もやる気になっている。

そんなことでここ一週間くらい、夜10時には娘と床に入る生活を続けている。不思議と布団に入ると私も眠くなり気がつくと一緒に寝てしまっている。

最近はパソコンばかりでテレビもほとんど見ない生活なので、早く寝ることは惜しくはない。そうすると自然と朝5時頃とかに目が覚める。試しに起きてみる。眠くない。なぜか頭がすっきりとしている。いつもは、だらだらと何をするにもやる気が起きない私なのだが、不思議とテキパキと片付けをしたり、お米を研いだり食器を洗ったりするのが苦ではない状況になる。

これは使える。ぐーたらな私がいっぱしの主婦のように動ける時間ができた。朝早く起きると昼間眠くなってしまうのではないかと以前は思っていたが、眠くなるのは夜9時30分ごろ。かえって頭の働きがよくなるような気がする。仕事しててもなんか今までみたいにぼけーっとすることがなくなったような・・・。

早起きは三文の徳(字あってるかな?)というけれど本当に昔の人の言うことって的を得てるんだな・・・。

当分この生活を続けることにしよう。

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close