無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
  • 2021/11
  • 2021-12 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2022/01
晴れた日に・・・
2007年11月21日(水) 14:35
最近、亡くなってしまった両親の夢をよくみる。夢の中ではいつも実家で(今はもうない)優しかった父が笑顔で私に接してくれている。母に続いて父も亡くしてしまってからはお墓参りの足が遠のいてしまっている。父が具合が悪くなってからはほとんど面会にも行かず、兄弟にまかせっきりにしていたから・・・。最後にあったときの父は私のことを看護婦さんと間違えていた。それがショックだった・・・。

ぼけが進行していたのだからしょうがないのだろう。子供のころの私はお父さんっこだった。父は遅くに生まれた私をねこっかわいがりしてくれた。 お父さんにつれていってもらったデパートの屋上。大好きなソフトクリーム。そんな心の中に残る暖かい思い出が懐かしい。今えむは心が弱ってるのかも知れない。いい年をした大人なのに情けないな・・・。

結局今日もお昼寝してしまった。夢の中に出てきたのはやはり父と母。私が大好きだった父手作りの握りずしを私にごちそうしてくれる夢だった。夢の中で、私は中学時代の友人の家を訪ねる。しかし道に迷い、まったく知らない土地にきてしまう。途方にくれているとその友人が迎えにきてくれた。そんな夢・・・。

このときの友達とは大人になってから遊んだこともあったけれどここ数年はすっかり疎遠になっている。どうしてそんな友人が夢の中に出てきたのかはわからない・・・。

えむは一人でも生きていけるはずなのに・・・。

お昼寝から目覚めて、旦那に頼まれていた用事を済ますために徒歩で近くの郵便局へと出かけた。途中ゲートボールをやっている老人がいた。たまたまえむの目の前にボールが飛んできた。えむは親切心でそのボールを取って投げてあげようとしたら「そのままそこにおいといて」とおばさんに言われてしまった。ばかだな。ゲートボールってそういうものなのに・・・。そんなことひとつで悲しくなってしまうえむ・・・。

今日はとてもよい秋晴れで、上を見ながら歩いていると澄み切った青空に黄色や赤にきれいに色づいた葉っぱが目に飛び込んできた。きれいだな。と思ったと同時になぜか悲しくなった。最近情緒不安定になってきているえむ。生理が近いせいだろうか・・・。
Comment編集
秘密にする

TrackBack URL

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close