無料
エロ
動画
オナニー大好きな人妻のえむの日記です
  • 2021/11
  • 2021-12 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2022/01
さようならそしてありがとう・・・
2007年11月08日(木) 12:39
かぶとむしのかぶこが死んでしまいました・・・。9月16日に我が家に来たかぶこ。一本足がなくて、かぶと虫なんて飼ったことなかったからどうせすぐに死んじゃうんだろうななんて思いながらも、虫かごとかぶと虫の飼育用具一式買って、買い始めた夏の終わり・・・。

最初のころは夜になるとぶんぶん羽を広げて飛び回ってた。虫かごの扉を破って外にでてきてしまったこともあったっけ。いつからかかぶこを外に出して、手に乗せたり、ポケットにいれたりしながら、子供と一緒に遊んでた。そんなふうにしてると不思議と心が通じ合うような気がして、最近では夜一緒に布団の中で寝たりしてた。かわいいかぶこ・・・。私の大事な家族の一員だった。

寂しいとき、かぶこを手の平にのせて話しかけたりしてた。かぶこは黙ってえむの話を聞いてくれた。そしてえむの手の中で力いっぱい足を踏ん張って、あのときはさんざん手に爪あと立てられてたよ。痛かった。でも今朝、いつものようにかぶこのかごをみてみたら・・。 かぶこは木の上に乗ったまま動いていなかった・・・。そろそろ寿命だと思って覚悟していたけど。いざ、動かないかぶこを目の前にすると涙があふれてきた。「かぶこ・・かぶこ?」って声をかけたら、まだ完全に死んではいなかったみたいで、ほんのすこしだけ、足のさきっぽをぴくぴくさせてた・・・。えむはかぶこがいとおしくてたまらなかった。逝くときはえむの手のひらの中で暖かい体温に包まれながら、おくってあげようと思っていた。

今日は仕事がやすみだったので、午前中ずっとかぶこを手のひらにのせて、「ありがとう・・ありがとう」って言ってた。そしていつのまにかまったく動かなくなっていた。子供が学校からかえってくるまではなんとか生きていて欲しかったけど、しょうがない。子供が帰ってきたら、もう一度かぶこにお礼をいってお別れしようと思う。

かぶこ・・・。短い間だったけど、たくさんの癒しをありがとう。そして・・・。さようなら・・・。

昨日の記事ちょっと暗いえむでしたけど、皆様から暖かいお励ましのコメントいただきまして、それを読ませていただいて元気になってきました。いつもえむのこと支えてくださってありがとうございます。寂しがりやのえむですがこれからもよろしくお願いします・・・。
Comment編集
秘密にする

TrackBack URL

 | HOME | 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close